第576話 金銭で相続税を支払うことができない場合

81e0db23abc82899372b429bf3f76c50_s

 相続財産の大半が不動産の場合で現預金が少ない場合には、相続税を金銭で一括納付できない場合が考えられます。現金で納められない場合には、納付期限を延長する「延納」と、不動産などの物で納める「物納」の2つの方法があります。

 ただし、延納と物納のいずれかを納税者が任意に選択することはできません。まず税務署が延納を認めるか否かの検討をして、なおかつ延納でも金銭納付が困難であると認められると物納が可能となります。

 金銭納付が困難であるか否かの判断は、納税者が相続で取得した財産の状況や納税者自身の資産・収入の状況や、貸付金の返還、退職金の給付、不動産の売却などの確実な収入の有無や、事業用資産の購入などの支出の必要性などを総合的に勘案して行います。

 大抵の場合、相続財産に占める不動産の割合が多く現金で納められないときには、まずは不動産の売却を検討することになります。不動産を売却して現金化したうえで納税した方が、不動産で物納するより有利になる事が多いと言えます。その理由は、物納の際には不動産の価格を実際の取引価格より低くなりやすい「相続税評価額」で評価する為です。もし不動産に買い手がつかずに売れないようなときには、延納や物納をすることになります。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。