人生で最も高価な支出は税金といえそうです。そして次点につけるのが、多くの人の場合は住宅でしょう。そこで人生100年時代、老後の生活資金を切り詰めなくては生きていけないこのご時世、あの手この手で工夫が必要になります。  …

続きを読む

 高齢社会化が進む中で、資産を次世代に承継するだけでなく、本人が満足する人生の閉じ方を考える「終活」の考え方が定着して久しい。平均寿命の伸びに伴い、老後の人生が数十年続くことも珍しくない時代です。高齢化に伴って身体能力が…

続きを読む

 工事費用そのものを助成してくれる制度もあります。例えば、「要支援、もしくは要介護状態にある」という認定を受けている人が住む住宅をバリアフリー化すると最大18万円が国から助成されます。さらにバリアフリーに向けた取り組みを…

続きを読む

 手すりの取り付けや段差の解消などで50万円以上かかるバリアフリー工事をすると、リフォームにかかった費用のうち、最大20万円を所得から税額控除することができます。ただし、その家を所有し、リフォームを行う人の所得が年間3千…

続きを読む

 「終の棲家」は、マイホームであるのが当然のように思われがちですが、近年では老人ホームなどの高齢者施設に入居することを選ぶ人も増えてきています。 しかしこうした施設の欠点は、住み続ける限りお金がかかるということです。つま…

続きを読む