災害や盗難などの予期せぬ被害を受けた時には、「雑損控除」という被害者救済のための措置が使えます。「差引損失額-総所得金額等×10%」か「差引損失額のうち災害関連支出の金額-5万円」のうちいずれか多い方の金額を所得から…

続きを読む

 先日、お客様から源泉徴収簿に記載されている扶養親族の数が実際の扶養人数と違うとお電話を頂きました。 実際に源泉徴収簿に表示される「扶養」の数(印刷される「扶養親族等の数」)は、実際の扶養親族の数ではなく、計算上次のよう…

続きを読む