相続財産には現預金から株、不動産、家財や乗り物まで様々なものがありますが、これらの財産の価値を見定めるのが、国税庁が定める「財産評価基本通達」です。この通達には、相続税や贈与税を計算する際に用いる「価値」についての算出…

続きを読む

広い土地の評価額を大幅に引き下げる「広大地評価」の特例は、2018年度の税制改正で仕組みが変わり、名称も「地積規模の大きな宅地の評価」と呼ばれるようになりました。2018年度以降、特例の対象となる路線価地域の宅地は、路線…

続きを読む

建物の賃貸借契約書には通常、敷金あるいは補償金に関する記載があります。敷金の受け渡しがあった場合、借り手が建物から退去するときに貸し手が建物の補修などの原状回復を行い、その費用を敷金から控除したうえで借り手に返還します。…

続きを読む

相続した不動産は、固定資産税や路線価、そして時価なども含めて財産評価し、そこから相続税を算出します。当然、地価の高い土地や高級物件なら評価額は上がり、必然的に相続税額も高額になります。 この時に地価や構造だけで単純に計算…

続きを読む

 家屋の評価は築年数と共に下がっていくのに我が家の固定資産税評価額は前回の評価替えでも据え置きだった。もしかして近年多発している固定資産税の課税ミスでは…。そう考えてもすぐ結論を出すのはちょっと待ってください。  不動産…

続きを読む

 売却しやすい土地に共通するのは、立地が良く形がいびつでないことに加え、大き過ぎず、かといって小さすぎない、すなわち面積が、〝程よい〟ということです。一般的に、都市部であれば100~150㎡程度、部外であれば150~25…

続きを読む

   故人が居住用や事業用に使っていた家屋の相続税評価額の計算式は【固定資産税評価額×1.0】です。つまり、家屋の固定資産税評価額がそのまま相続税評価額となります。  この固定資産税評価額は「再建築価格法」とい…

続きを読む

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。  民法改正によって創設された「配偶者居住権」が、今年の4月以降の相続から適用されます。今日は遺産分割に大きな影響を与えるその財産評価について考えてみ…

続きを読む

 土地の評価方法には路線価方式と倍率方式があります。主に都市部においては路線価方式が用いられ、地方においては倍率方式が用いられます。  この2つの方式の境界上にある土地については、どのように判断をすべきでしょうか。 &n…

続きを読む

 では、なぜ今年から広大地の評価を変える必要があるのでしょうか?  改正の趣旨は、大雑把に言ってしまうと、誰でも簡単に計算できるようにしましょう!といったところです。  これからは次の3つの条件に該当した場合には、どのよ…

続きを読む

 今まで、広大地の評価については、通常の土地よりも大幅な減額が認められてきました。 「なんで広い土地なのに減額していいの?高く売れそうなのに」 と思う人もいるかもしれません。  しかしこの広大地評価は、単純に広いだけで使…

続きを読む

九州北部を襲った記録的な豪雨は、流れ込んだ大量の土砂や木々などにより大きな被害をもたらしました。この流木は、殆どがまっすぐ伸びた杉なので、過去に杉の植林を大量に推し進めた結果だと思われます。(第118話参照)杉の単種植林…

続きを読む

社長個人が自分の会社に土地を譲渡するといったことはよく行われます。  このような関係者間での土地の売買の場合に問題となってくるのが、時価の金額です。 例えば、時価の金額の2分の1未満で個人から法人へ譲渡した場合には、みな…

続きを読む

大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に小学校建設用地として評価額より大幅に安い価格で売却された問題は、通常の国有地売却とは異なるいくつもの不可解な点が浮上しております。何が問題として指摘されているのでしょうか? 主…

続きを読む