%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

今日から3月に入り、確定申告も中盤に差し掛かりました。

 確定申告の必要な方、確定申告をした方がいい方、もう確定申告はお済でしょうか。

 今日は、その中でも、還付金を受けられる方に注意してもらいたい点をお話ししたいと思います。

 税金の還付金受け取りには、銀行口座に直接振り込んでもらう方法と、税務署が発行する「国庫送金通知書」を持って金融機関に自分で受け取りに行く方法の2通りがあります。

 この通知書は、発行から1年でそれ以降は通知書に記載してある金融機関では支払いを受けることができなくなります。

 期限を過ぎてしまったときは、通知書を発行した税務署に運転免許証など本人と確認できるものを持参し、改めて発行を依頼しなければなりません。

 なお、国庫金送金通知書を受けた日から5年を経過しますと、国税通則法74条の規定により時効となりますのでご注意ください。

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。