%e7%8b%ac%e3%82%8a%e8%a8%80

 相続税は米国や英国、ドイツなどの国よりも日本は歴史が浅く、日露戦争の戦費を集めるために1905年(明治38年)欧米にならって導入されました。
 当時は長男がすべての財産を一括して相続するという「家督相続」が一般的でしたので、相続税は故人の遺産に一括して税金をかける「遺産税方式」が採用され1949年(昭和24年)まで実施されていました。
 ちなみに家督相続とは、家の代表である戸主の身分的地位と戸主に属する財産の受継ぎで、故人の長男子が単独で財産を相続するのが一般的で次男以下の男子と女子に相続権はありませんでした。

戦後になり家制度が廃止されたことにより配偶者や長兄以外の子供や兄弟姉妹なども遺産を受け取れるようになり、相続税は遺産をもらう人それぞれに課税される「遺産取得税方式」が導入され現在に至っています。

 

文責 仙台市で相続税に特化した税理士事務所|栁沼隆 税理士事務所

所長 栁沼  隆

「所長の独り言」一覧はこちら

 

免責
本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。当事務所との協議により実施した場合を除き、本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。また、本記事を参考にして訴訟等行為に及んでも当事務所は一切関係がありませんので当事務所の名前等使用なさらぬようお願い申し上げます。