放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、歴史上最も有名な源頼朝と義経の兄弟喧嘩が展開されました。見事に平家を滅ぼした弟の義経が、あまりに強すぎるが故に兄・頼朝に警戒され、鎌倉入りを拒まれてしまいます。この後、後…

続きを読む

 贈与税の課税制度には、年間110万円までが非課税となる「暦年課税」と、トータル2500万円までの贈与税を非課税とする「相続時精算課税」の2種類があります。  このうち相続時精算課税は、親や祖父母から贈与を受けた財産につ…

続きを読む

 山口県阿武町から誤送金された4630万円を巡り、受取人の田口翔容疑者は当初一貫して「ギャンブルで全て使ってしまった」との発言を繰り返していました。これは、不正に得た金であっても手元に残っていなければ、民法上返済義務を免…

続きを読む

 皆さん、不倫の代償がいかに大きなものかは言わずと知れたものですので、ここでは税金の話をします。 不倫がばれて離婚に発展すれば、慰謝料や財産分与は相当な額に上ります。この場合、慰謝料を受け取る側は、精神的損害を受けたとし…

続きを読む

 ある資産家が長年にわたり介護してくれた家政婦さんに恩義を感じ、財産のいくばかりかを分け与えたいと考えたとします。この家政婦さんの貢献については親族らも感謝していて異論はありません。このケースで、実際に資産を分け与えない…

続きを読む

 日本スポーツ振興センターは5月9日、Jリーグなどの勝敗結果を的中させるサッカーくじ「BIG」で1等が1口誕生したと発表しました。これまでのキャリーオーバー分を加えて当選金額はなんと6億円。すでに1300回近い開催回数を…

続きを読む

 令和4年度改正の大きな項目の一つに「証拠書類のない簿外経費への対応策」という改正項目があります。これは、不正申告や無申告に適用される制度で、納税者の一定の資料や国税当局が行う反面調査で存在が判明しない一定の経費を、法人…

続きを読む

 税金を滞納すると厳しい催促や差し押さえが行われます。とはいえ催促を受けるのは滞納した本人であり、通常は「お前の子供が税金を納めないから、親として肩代わりしろ」などと言われることはありません。  しかし例外もあり、それが…

続きを読む

 生前贈与について誤認している人が多くみられます。ここではよくある7つの「誤解」を取り上げてみます。   ①毎年110万円以内なら税金はゼロ 年間110万円までの贈与であれば、何回でも税金がかからないと思いがち…

続きを読む

 実勢価格と相続税路線価の乖離を利用した節税手法の是非を巡って納税者と国税当局が争った裁判で、最高裁は4月19日に、国税当局の言い分を全面的に認める判決を下しました。税法上は合法であっても当局が税逃れとみなせば否認できる…

続きを読む

 今年2月に亡くなった石原慎太郎さんの相続については、いわゆる「石原4兄弟」の他に婚外子がいたため、世間では遺産を巡るゴタゴタを予想する声もありました。 ですが、そうしたトラブルに発展しているという話は聞こえてきません。…

続きを読む

国税当局は税金を取れるようにしか事実認定をしませんので、税務調査では国税当局がどう動くかをまず考える必要があります。たとえ法律上の問題をクリアしたとしても、なんとか税金を奪ってやろうと思うのが税務署の常ですので、節税をす…

続きを読む

相続税の確定申告の資料で真っ先に疑われるのは、実際にお金を預金している人と口座の名義人が違う「名義預金」の存在です。  名義預金を含めた「現金・預貯金」は全体の約3割で、「土地・家屋」の約5割と比較しますと少ないですが、…

続きを読む

 ロシアによるウクライナへの侵略が長期化の様相を帯びています。事態が長引くにつれ戦費も膨張の一途をたどり、どちらの国にとっても国家財政に深刻な影響が生まれつつあります。過去の歴史を紐解いても、戦争は人的被害だけでなく、破…

続きを読む

 被相続人の土地、建物の名義変更が行われていない状態で、その配偶者が施設に入るなどの理由で不動産を売却したいとなれば、当然ながら相続による名義変更が必要となります。不動産の名義変更は法務局への申請など複雑な手続きが必要で…

続きを読む

 被相続人の土地、建物の名義変更が行われていない状態で、その配偶者が施設に入るなどの理由で不動産を売却したいとなれば、当然ながら相続による名義変更が必要となります。不動産の名義変更は法務局への申請など複雑な手続きが必要で…

続きを読む

死去した人が勤めていた会社から、遺族が高額な弔慰金を受け取ることがあります。被相続人が会社に長年貢献した証しでもあるので、被相続人の相続財産に含めて相続税を計算しなければならないようにも思えますが、一定額までは課税財産に…

続きを読む

経済的な事情や虐待などの理由によって親元で暮らすことができない子供は国内に4万5千人いますが、そのほとんどが乳児院や児童養護施設で生活しています。施設ではなく一般家庭で過ごしている子は2割に満たず、他の先進諸国と比べても…

続きを読む

   相続税の計算上、債務として差し引けるのは税務当局が「確実」と認めるものに限られます。その証拠となる書類は必ずしも書面による証拠だけではなく、単なるメモ書きであっても認められます。なお、債務の存在が確実であ…

続きを読む