2018年に成立した改正民法の柱である「配偶者居住権」が、今月から施行されています。親族と折り合いが悪く、相続で家かその他の財産かの二択を迫られる配偶者を救済すべく生まれた新制度ですが、円満な家族でも同制度を使うことで…

続きを読む

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。  民法改正によって創設された「配偶者居住権」が、今年の4月以降の相続から適用されます。今日は遺産分割に大きな影響を与えるその財産評価について考えてみ…

続きを読む

 配偶者の生活を守るために始まった民法改正の議論では、当初、配偶者の相続分を増やす改正案が検討されていました。この改正案として被相続人の財産が婚姻期間中に増加した場合には配偶者の相続分を増やすという甲案と、婚姻期間が20…

続きを読む

 滋賀県野洲市のように、多重債務者への独自のプロジェクトを立ち上げ、滞納者それぞれに合わせたケアを実施し、取り立ての前に生活再建を目指す取り組みに力を入れている自治体もあります。 支払能力を回復することが、いずれは市の税…

続きを読む

 国税同様、地方税の差し押さえについても総務省では「滞納者の個別・ 具体的な実情を十分に把握したうえで適正な執行に努めてください」と呼び掛けていますが、そもそも努力目標に拘束力はありません。それどころか自治体の課税課では…

続きを読む

 昨年末に実施された全国一斉「税金・国保料滞納・差押ホットライン」には税金や保険料を滞納して厳しい取り立てを受けている納税者から、「生活できない」「逃げたい」「生きていけない」といった切実な訴えが数多く寄せられています。…

続きを読む

 去年の国税滞納額は8,971億円でピークだった1998年度(2兆8,149億円)の32%まで減少していることが国税庁の発表で明らかになりました。当局(国税庁)では「滞納の未然防止と整理促進に努めた結果」と胸を張ります。…

続きを読む

 国税、地方税ともに、滞納税額の整理が急速に進んでおります。差し押さえや公売による未納税額の充当は、国や地方行政の財源確保、また税の公平性のためには必要なことではあるものの、現場からは、個々の実情をあまりにも無視した強権…

続きを読む

 大阪市の学校法人「森友学園」に対し、豊中市の国有地が約8億円も値引きされて売却されていた問題で、大阪地検特捜部に詐欺容疑で逮捕された籠池泰典前理事長と妻・諄子の両容疑者が、国との売買交渉時に地中のごみを理由に損害賠償を…

続きを読む

新しい配偶者(特別)控除の壁「150万円」には様々な問題点があります。ポイントは以下のとおりです。 新しい配偶者(特別)控除の壁150万円の問題点配偶者(特別)控除の適用要件は「収入103万円→150万円」に引き上げられ…

続きを読む

前回の続きです。今度は、住民税の配偶者特別控除についてご説明します。 1.夫の収入が1120万円以下である場合(夫の収入が給与所得のみの場合)収入ベース(妻の収入が給与所得のみの場合)配偶者(妻)の収入控除額103万円超…

続きを読む

今回大きな改正点は「夫が控除額38万円を適用できる妻の収入が150万円以内に拡大されたこと」と「配偶者が収入150万以上の場合、201万まで段階的に控除額が設けられたこと」です。そして配偶者控除と同じく、夫には所得制限が…

続きを読む

配偶者控除について、今回の大きな改正点は、夫に「所得制限」が設けられたことです。夫の合計所得金額が 1,000 万円(給与所得のみの場合は収入が1,220万円)を超える場合には、配偶者控除の適用はできないこととなりま…

続きを読む

 2016年12月に発表された「平成29年度税制改正」では、配偶者控除の大幅変更が大きな話題となりました。いわゆる「103万の壁」で働いていた扶養内パートの方は、配偶者控除の改正が自分の働き方にどう影響するのか不安だと思…

続きを読む

第39話では、税制改正法案が出来上がるまでのお話を長々としてしまいました。いいたかったことは、配偶者控除の改正案は、まだ自民党の税制調査会の方針が固まっただけで、法律としての決定事項でないことを理解していただきたかったと…

続きを読む

25日に宮城交通株式会社から仙台市で市営バスのドライバーがポケモンGOをプレイしながら走行し、街路樹と衝突する事故が起きていたことが発表されました。何気によく利用させてもらっている交通機関だけにこのようなニュースを聞くと…

続きを読む