情報収集の基本は張り込みと尾行です。社長の動向を調べるために徹夜で何日も 張り込みます。銀行前で無記名債権の購入者が来るまで何カ月も張り込んだりもします。これは映画のワンシーンではなくマルサの日常です。  今回は、張り込…

続きを読む

親子間で土地を賃貸したときには、一般的には権利金や地代の受け渡しは行われません。このように無償で土地を賃貸することを民法で「使用貸借」と言い、借地権の贈与は発生しないことになっています。そのため贈与税が課税されることはあ…

続きを読む

親から借りたお金が正式な「借金」であれば税金に関する問題は生じませんが、贈与とみなされるような金銭の受け渡しだと贈与税の課税対象となります。親から借金する場合は借用書を作成せずに「ある時払いで催促なし」といったこともあり…

続きを読む

配偶者の一方だけが仕事をしている家庭であれば、マイホームの名義を働く人のものとしても何の問題も生じませんが、共働きの夫婦の場合には課税上の問題が生じることがあります。具体的には、共働きの夫婦で妻がマイホームの資金の一部を…

続きを読む

転居や結婚、または事業の開始などの理由により親戚同士で資産を取り換えるということはよくあることです。例えば自分の持っている空き地と近隣に暮らす兄が所有する宅地を交換したとします。この時に気になるのが譲渡所得税ですが、固定…

続きを読む

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏の〝国外逃亡〟から1年以上が経過しました。同氏が現在住むレバノンと日本は犯罪人引き渡し条約を結んでおらず、係争中の裁判を含む様々な法的手続きはストップしたままの状態です。ゴーン氏が申告…

続きを読む

納税者のお金の流れを把握するために当局から送られてくる「お尋ね文書」が急増しています。当局がコロナ過での効率的な手法として多用し始めているのでしょう。お尋ね文書は行政による問い合わせに過ぎませんが、書面には税務調査に発展…

続きを読む

相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含みます。)又は取壊し後の土地を譲渡し…

続きを読む

広い土地の評価額を大幅に引き下げる「広大地評価」の特例は、2018年度の税制改正で仕組みが変わり、名称も「地積規模の大きな宅地の評価」と呼ばれるようになりました。2018年度以降、特例の対象となる路線価地域の宅地は、路線…

続きを読む

相続開始前の3年間に被相続人から贈与を受けた財産は、相続財産として相続税の課税対象になりますが、贈与の際に納めた贈与税額は相続税の計算の際に控除できます。ただし対象となる贈与税の納付は相続税の前払いという意味合いではない…

続きを読む

国税庁が2019年事務年度(2019年7月~2020年6月)に実施した相続税の税務調査は、新型コロナウイルスの影響により実地調査件数は減少した中で、無申告事案1件当たりの追徴税額は前年比22.6%増加しました。徴税の効率…

続きを読む

子・孫への教育資金の一括贈与を非課税にする特例の期限が、2023年3月末まで2年延長されています。ただし同時に適用要件の厳格化が行われました。 これまでは、贈与した側が死亡した時点で使い残しがあった時には、贈与から3年以…

続きを読む

税負担をなるべく抑えながら次世代に資産移転をする方法として、様々な用途に応じた贈与税の非課税特例の活用があります。教育資金やマイホーム取得資金、結婚育児資金などがありますが、それぞれ非課税と認められるための要件が細かく設…

続きを読む

 土地の相続財産としての価値は、国税庁が毎年7月に発表する「相続税路線価」によって算定されます。路線価は毎年1月1日時点での一定の範囲内の道路に面した土地を評価するものなので、つまり土地の相続税評価額は、死亡した年の元旦…

続きを読む

 任意調査は、適正な課税を行うために必要な資料を収集する目的で、納税者や関係者に対して質問検査権を行使するもので、純然たる行政手続きです。  これに対して強制調査権の目的は、悪質な脱税者に対し、検察官に告発して刑事訴訟を…

続きを読む

 秋篠宮家長女眞子さまが去年11月13日に出された「結婚宣言」、そして11月末の秋篠宮さまの「結婚容認会見」で、眞子さまのご結婚がいよいよ動き出したかにみえましたが、結婚の“障壁”となった金銭トラブルは一向に解決の気配は…

続きを読む

 去年の12月6日、6年間という長い旅を経てJAXAの宇宙探査機はやぶさ2が地球に帰ってきました。遠く離れた小惑星「リュウグウ」から持ち帰った砂などのサンプルを収めたカプセルが、大気圏突入を経てオーストラリア南部のウーメ…

続きを読む

 遺骨の埋葬にあたり、特定の墓石を持たない「樹木葬」を選ぶ人の割合が全体の4割を超え、長年トップだった一般墓の購入との順位が逆転したという結果を、終活関連企業「鎌倉新書」が運営するお墓の総合情報サイト「いいお墓」の調査会…

続きを読む