相続時精算課税制度は、生前に贈与を受けた財産について、親や祖父母の死亡時、相続財産に合算して最終的に相続税で清算する制度です。相続発生の際には贈与時点での評価額で税額を算出する為、贈与から相続の間までに値上がりする可能性…

続きを読む

 1年間に110万円を超える贈与をするとその超えた分が課税対象になるのが贈与税の基本的な仕組みですが、もう一つの課税方式として、2500万円までの贈与について贈与税が非課税になり、相続発生時に贈与分を含めて相続税の計算を…

続きを読む

 相続時精算課税制度は、生前に贈与を受けた財産について、親や祖父母の死亡時、相続財産に合算して最終的に相続税で清算する制度です。生前贈与の非課税枠が2500万円あり、財産を何回贈与されてもその枠内なら非課税となり、250…

続きを読む

 相続時精算課税制度を使って不動産を贈与すると、相続税が大幅に軽減されることがあります。  相続時精算課税制度は、贈与した年の1月1日時点で60歳以上の親から20歳以上の子への贈与で利用でき、贈与財産2500万円まで無税…

続きを読む

 しかし、相続時精算課税はいいことばかりではありません。次にデメリットを上げてみたいと思います。  価値が大きく上がったり下がったりするものには、代表的なものに土地があります。  例えば、この制度を利用して土地を贈与しま…

続きを読む

 ここまでの説明で、「贈与税が0円になっても相続税で納めなければならないのでは意味がないのでは?」と疑問に思う方は多いでしょう。相続時精算課税のメリットは結局何なのだと。  相続時精算課税で良いところは、贈与財産の評価は…

続きを読む

 相続時精算課税を適用するにはいくつかの条件があります。   ・贈与年の1月1日において60歳以上の父母又は祖父母から20歳以上の子又は孫への贈与 ・贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日の間に一定の書類…

続きを読む

 平成15年から贈与税の課税方法は暦年課税と相続時精算課税の二種類に分かれました。通常の贈与税は暦年課税という方法で、一年間の個人から個人への贈与額の合計に対して贈与税が計算されます。この暦年課税では年間の贈与額の合計が…

続きを読む