今年に入り、遺言と相続に関わる大きな制度の見直しが2つありました。  1つは4月にスタートした「配偶者居住権」制度で、子と折り合いが悪い配偶者の救済だけでなく、円満相続においても税負担を大きく減らせる可能性があることで注…

続きを読む

財産を受け取るべき人がいない場合や、相続人がいても全員が相続放棄をしたとき、故人の財産は「相続人不存在」として法人化され、独立した人格を持つようになります。これにより第三者が勝手に処分等をすることは出来なくなります。 そ…

続きを読む

相続財産のほとんどを自宅が占めているために、その自宅を長男が引き継いでしまうと弟たちとの間に不公平差がでてしまう様な状況に活用できるのが「代償分割」です。自宅を長男が引き継ぐ代わりに、長男が自分の財産から同価値程度の金銭…

続きを読む

遺産分割協議が成立する前に発生した家賃収入を受ける権利は、その不動産を相続した法定相続人の全員に発生します。つまり遺産分割協議で不動産を引き継いだ者は、相続開始から遺産分割終了までに発生した家賃を各相続人に分与しないと、…

続きを読む

先日、以下のようなご相談がありました。   母の遺言書の内容が、私の兄にすべての財産を残すというものでした。私は母の介護をしていたので、兄は私にも財産の半分を受け取ってほしいと言ってくれています。遺言書の内容は…

続きを読む

相続が始まると、相続人が2人以上いて相続財産を放棄する人がいなければ、遺産はとりあえず共同相続人の「共有」とされて遺産の全体について各相続人が相続分の割合に応じてその持分を持つものとされています。この段階では、遺産の個々…

続きを読む

生命保険の死亡保険金は相続税の課税対象ですが、残された家族の生活を保障するという役割から、「500万円×法定相続人の数」の非課税枠が設けられています。  注意したいのは、この非課税枠は相続人1人ずつに与えられた非課税枠で…

続きを読む

 相続財産のなかでも大部分を占める「土地」は、原則的に相続税路線価に沿って評価されます。相続税路線価は、国土交通省が毎年発表する公示地価などを基に導き出された、いわば相続税の評価専用の査定額です。相場としては公示地価の8…

続きを読む

「紀州のドンファン」と知られた実業家、野崎幸助さんが残した遺言書の有効性を巡り、親族らが遺言執行者の弁護士を相手取り提訴しています。この裁判で焦点となるのは遺言書の真贋になりそうですが、たとえ本人の書いた遺言書であっても…

続きを読む

 亡兄の子供を養子にした父が死亡した場合には、兄の子供は父の養子であるとともに、兄の代わりに財産を引き継ぐ代襲相続人という2つの立場を重複することになります。このように2つの身分で相続人の立場に立つ人を法律上では「二重相…

続きを読む

 面倒な遺産分割も終わり、払いたくもない相続税の申告を済ませ、ほっと一息ついたときに、タンスの奥から申告時には気づかなかった預金通帳が出てきました。相続人である自分の名義であるところを見ると、親が子供のためにと考えて貯め…

続きを読む

 一定の法定相続人には法律上の最低限の遺産取得分が「遺留分」として認められていますので、たとえ遺言で全財産を配偶者に譲る事が指定されていても、他の相続人は遺留分の財産を取り戻すことができます。しかし法定相続人でも兄弟姉妹…

続きを読む

誰だって人に見られたくない秘密の一つや二つはあるでしょう。当然、普段は上手に隠しているでしょうが、自分に万が一のことがあった時、残された家族がそれを見つけてしまう可能性は十分にあります。どれほど愛している家族とは言え、い…

続きを読む

現在25ある国税のうち、現金以外の「物納」が可能な税金は相続税だけです。申請件数、許可件数ともに最近は減少傾向にあり、1999年には7075件の申請があり4713件が許可されていましたが、2018年は申請99件、許可47…

続きを読む

第32作『口笛をふく寅次郎』では、博の相続問題が出てきます。 博の父親、飈一郎は大学の教授でしたが、岡山に大きな家を持っています。そして遺言を残さずに死んでしまいます。 博は4人兄弟の末っ子です。上に男が二人、女が一人い…

続きを読む

昨年7月から順次施行された改正相続税法は4つの大きなポイントが注目されました。改めて整理してみましょう。  まずは、相続人全員の同意がなくても遺産分割前に被相続人の預貯金を引き出せるようになりました。相続財産である預貯金…

続きを読む

タレントの志村けんさんが亡くなったのは、新型コロナウイルスに罹患して発熱や呼吸困難といった症状が出始めてから、わずか10日後のことでした。志村さんにとっても家族へのメッセージを残す時間が足りなかったでしょう。  こうした…

続きを読む

税金を滞納すると、厳しい催促や差し押さえが行われます。とはいっても催促を受けるのはあくまでも滞納した本人であることが原則です。 しかし例外もあり、それが相続税です。相続税には、一人の納税義務者が滞納して税金を納められない…

続きを読む