二世帯住宅の良さは、別世帯としての気軽さがあるのでしょう。特に若い世帯にとっては大きなメリットになっています。ただ、親世帯が培ってきた家族の歴史を積み重ねられないことや、親世帯が老いたときに「家長」としての自覚が子世帯に…

続きを読む

 住宅贈与特例の対象となる「婚姻期間20年以上」の条件は通算期間で判断することになっております。そのため、離婚によって婚姻期間が一度途切れても、同じ配偶者と再婚して通算20年になれば特例を適用することが可能となります。 …

続きを読む

 日本の25歳から34歳の若年層が親と同居している率は42%で、世界7位という結果があります。親孝行という見方もできますが、一方親としては自立を促したいという思いもあるでしょう。  逆に、子供が自分名義でローンを組んで家…

続きを読む

 親や祖父母からもらった住宅取得資金には、贈与税の非課税枠が設けられています。この非課税枠、取得する家屋が、省エネルギーや耐震性を備えた「良質な住宅用家屋」であるかどうか、また2019年10月に引き上げ予定されている消費…

続きを読む