税金を滞納すると、厳しい催促や差し押さえが行われます。とはいっても催促を受けるのはあくまでも滞納した本人であることが原則です。 しかし例外もあり、それが相続税です。相続税には、一人の納税義務者が滞納して税金を納められない…

続きを読む

 来月には、所得税と消費税の納付額が私の口座から引き落としされます。この負担感こそが、納税義務についての地に足がついた実感であり、まさに納税義務こそが民主主義の基本と言われるところです。  これに対して賃貸不動産をお持ち…

続きを読む

この不意打ちともいうべき連帯納付義務、さすがに政府でも問題とされたようです。  平成24年4月1日以降の申告期限に係る相続税のうち、次の相続税については連帯納付義務が解除されることになりました。 相続税の申告期限から5年…

続きを読む

 相続税の連帯納付義務とは、同一の被相続人から、相続・遺贈(含む精算課税贈与)により財産を取得した全ての者に対して、お互いに連帯納付義務を負わせる制度です。他の相続人の相続税について自動的に連帯保証をさせられるようなもの…

続きを読む

ある中小企業の社長には家族がありましたが、家の外に愛人を囲っていて、マンションを買い与えていたご様子。 将来の相続を気にしてか、名義は愛人です。 だが、そんな蜜月関係にもいつかは別れが来るもの。マンションは男らしく諦め、…

続きを読む

不幸にして、あなたの兄が亡くなりました。 兄は独身で両親は既に他界。相続人はあなたと弟。 弟は後継ぎとして不動産を中心に、あなたは上場株式を主に相続しました。 弟には金融資産の手持ちが殆どなく、あなたもそれほど裕福では有…

続きを読む

 さて皆さん、贈与税は基本的に贈与を受けた側が支払うもの、が基本です。  ところが、贈与を受けた側が贈与税の納付をしなかった場合には、なんと贈与をした人もその納税義務を負担することになってしまうのです。これを連帯納付義務…

続きを読む

平成24年の連帯納付義務の制度改正により、連帯納付義務の解除要件が定められました。その要件は具体的には、下記の2つです。(1)申告期限から5年が経過した場合ただし、申告期限から5年以内に、税務署から連帯納付の督促を受けて…

続きを読む

連帯納付義務は、国税当局からすれば非常に有効な手段です。一方、自分の納税分を完納した相続人からしてみれば、滞納者の分まで納税するのには納得がいかないでしょう。ここに大きな問題をはらんでいます。この問題をめぐって定期的に、…

続きを読む

家族が亡くなって、葬式やら遺産分割やら大変だったけど、自分の相続税を申告・納税したらもう一安心と思いたいところですが、実は、他人の相続税まで負担しなければならないケースがあることをご存じでしょうか? これを「連帯納付義務…

続きを読む