生命保険の死亡保険金は相続税の課税対象ですが、残された家族の生活を保障するという役割から、「500万円×法定相続人の数」の非課税枠が設けられています。  注意したいのは、この非課税枠は相続人1人ずつに与えられた非課税枠で…

続きを読む

相続時精算課税制度は、生前に贈与を受けた財産について、親や祖父母の死亡時、相続財産に合算して最終的に相続税で清算する制度です。相続発生の際には贈与時点での評価額で税額を算出する為、贈与から相続の間までに値上がりする可能性…

続きを読む

 1年間に110万円を超える贈与をするとその超えた分が課税対象になるのが贈与税の基本的な仕組みですが、もう一つの課税方式として、2500万円までの贈与について贈与税が非課税になり、相続発生時に贈与分を含めて相続税の計算を…

続きを読む

 相続時精算課税制度は、生前に贈与を受けた財産について、親や祖父母の死亡時、相続財産に合算して最終的に相続税で清算する制度です。生前贈与の非課税枠が2500万円あり、財産を何回贈与されてもその枠内なら非課税となり、250…

続きを読む

 生命保険の死亡保険金は相続税の課税対象ですが、残された家族の生活を保障するという役割を踏まえて、他の財産から独立した「500万円×法定相続人の数」の非課税枠を設けています。例えば妻と子供2人の計3人なら、法定相続人は3…

続きを読む

 相続時精算課税制度を使って不動産を贈与すると、相続税が大幅に軽減されることがあります。  相続時精算課税制度は、贈与した年の1月1日時点で60歳以上の親から20歳以上の子への贈与で利用でき、贈与財産2500万円まで無税…

続きを読む

 親や祖父母からもらった住宅取得資金には、贈与税の非課税枠が設けられています。この非課税枠、取得する家屋が、省エネルギーや耐震性を備えた「良質な住宅用家屋」であるかどうか、また2019年10月に引き上げ予定されている消費…

続きを読む

 土地の貸し借りが行われると通常、地代が発生します。さらに地代のほかに権利金などの一時金を借地権設定の報酬として支払うことになります。  ところが親の土地に子供が家を建てると、親は子供から地代や権利金を徴収しづらいもので…

続きを読む

 死亡保険金の受取人は、必ずしも配偶者や子供などの相続人である必要はありません。たとえば子が健在であるにもかかわらず、孫を死亡保険金の受取人にしていた場合には、死亡保険金を相続人には当たらない孫が受け取ることとなります。…

続きを読む

 しかし、保険の契約者と保険料を負担していた人が必ず一致しているとは限りません。この場合、「契約者」と「保険料負担者」を分けて考えてみましょう。  被相続人が亡くなったとき、被相続人に掛けられていた生命保険からは死亡保険…

続きを読む

 生命保険金は、契約内容の組み合わせで課税関係が様々に変化します。  生命保険金の契約は、基本的に3者の関係で成り立ちます。  生死が保険の対象となる「被保険者」、保険を契約して保険料を支払う「契約者」、そして保険金をも…

続きを読む

 しかし、相続時精算課税はいいことばかりではありません。次にデメリットを上げてみたいと思います。  価値が大きく上がったり下がったりするものには、代表的なものに土地があります。  例えば、この制度を利用して土地を贈与しま…

続きを読む

 ここまでの説明で、「贈与税が0円になっても相続税で納めなければならないのでは意味がないのでは?」と疑問に思う方は多いでしょう。相続時精算課税のメリットは結局何なのだと。  相続時精算課税で良いところは、贈与財産の評価は…

続きを読む

 相続時精算課税を適用するにはいくつかの条件があります。   ・贈与年の1月1日において60歳以上の父母又は祖父母から20歳以上の子又は孫への贈与 ・贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日の間に一定の書類…

続きを読む

 平成15年から贈与税の課税方法は暦年課税と相続時精算課税の二種類に分かれました。通常の贈与税は暦年課税という方法で、一年間の個人から個人への贈与額の合計に対して贈与税が計算されます。この暦年課税では年間の贈与額の合計が…

続きを読む

前々回から、海外資産の移転に伴う問題点を書いてきましたが、日本の課税当局も黙ってみていたわけではありません。「富裕層」の海外保有資産情報の収集に相当の力を入れています。一見、税法の効力が及ぶのは国内のみですから資産が一旦…

続きを読む

22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7・4の地震が発生しました。仙台市では140センチの津波も観測されております。気象庁によると、東日本大震災の余震とみられ、140センチの津波観測は大震災以…

続きを読む

仙台では、連日の晴れで絶好のゴルフ日和が続いておりましたが、今日は久しぶりに小雨が降っております。季節柄、雨が降るとかなり寒さが増してきたように感じます。 今日は、相続税に対する考え方でどのように相続税の課税方式が変わる…

続きを読む

今日は、東北三大祭りといわれる仙台七夕祭りが行われ、仙台の商店街や駅前を中心に、祭りのメインである巨大な七夕飾りが多数飾られています。この仙台七夕祭りには、カップルで行くと別れるといった都市伝説があります。あくまでも都市…

続きを読む

実際、仙台でも共働きのご家庭で夫婦それぞれがお金を出し合ってマイホームを購入するというケースが増えてきています。この場合、住宅は「夫婦共有名義」となります。夫婦共有は購入時にそれぞれが出すお金の割合に応じて所有権の持ち分…

続きを読む