米球界が大揺れに揺れています。 米大リーグは今月1日、新労使協定に向けた選手会との交渉が決裂し、ストライキがあった1995年以来、27年ぶりの開幕延期が決まりました。5年目で初の開幕投手の期待が懸かるエンゼルスの大谷翔平…

続きを読む

 去年10月末に行われた衆議院選挙では、与党が大勝し、自民党が絶対安定多数の議席を獲得する結果となりました。投票率は56%と相変わらず低調で、多額の選挙費用がもったいないと感じる人もいるでしょう。衆議院選挙の立候補者1人…

続きを読む

 東京五輪で新設した競技施設のほとんどで赤字収支が見込まれています。東京都は約1400億円をかけて6つの恒久施設を新設しましたが、年間収支が黒字となるのは「有明アリーナ」1つだけとなっています。ほかの5つの今後の年間収支…

続きを読む

 第24回冬季五輪の北京オリンピックが4日から開催されていますが、今大会は、新疆ウイグル自治区における人権状況などが問題視され外交ボイコットする国も現れ、一種異様なオリンピックとなっています。東京オリンピックに続きコロナ…

続きを読む

街を歩いていると、小学生たちの募金ボランティアの人たちが声を上げて赤い羽根共同募金の協力を求めていました。そこで今日は、赤い羽根募金と税金の関係について書いてみたいと思います。  赤い羽根募金は、社会福祉事業のための募金…

続きを読む

 2016年に行政不服審査法が改正されたことで、税金に関する不服の申立てに関する手続きが変わりました。  行政不服審査法とは、行政庁による「違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為」に対して、簡易迅速な手続きによ…

続きを読む

 菅政権期間の6割超がコロナ禍における緊急事態宣言や蔓延防止等重点措置期間というまさに嵐のような時間の中で、菅元首相はどのように税を集め、また使ってきたのか。税の観点から菅政権を総括してみたいと思います。  コロナ対策に…

続きを読む

 国税庁が8月5日に発表した国税を期限通りに払えない「滞納」の最新状況では、年度末の滞納残高が22年ぶりに増加に転じました。国はその理由について、コロナ禍にあって督促などを抑制したことなどが影響したと説明しましたが、果た…

続きを読む

 国税庁が6月23日に公表したデータによれば、2020事業年度に納税者が国税当局に起こした訴訟のうち、裁判所で納税者の主張が一部でも認められた割合は7.8%でした。  納税者が当局の課税処分に対して異議を申し立てる方法は…

続きを読む

 相続税の暦年贈与制度が廃止となりそうです。昨年末の与党税制改正大綱で「本格的に検討を進める」との文言が盛り込まれ、間もなく発表される年末の大綱で抜本的な見直しが予想されています。早ければ来年からこの節税方法を活用できな…

続きを読む

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツが運営する「東京お台場大江戸温泉物語」が9月5日をもって閉館しました。温泉を楽しめるテーマパークとして人気を博してきましたが、東京都と結んだ定期借地権の設定契約が今年12月に期限を…

続きを読む

 紳士服大手の「はるやまHD」で創業者一族の内紛劇が生じています。同HDの取締役会長を務める治山正史氏の退場を求め、正史氏の実姉に当たる岩淵典子氏が、株主総会での解任決議への賛成を求める手紙を一般株主らに送付していること…

続きを読む

 人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で共演した星野源さんと新垣結衣さんの結婚が発表されました。ドラマの中では、お互いの実利のために恋愛を伴わない結婚をした2人の関係が描かれていましたが、このような「偽装結婚」は、税金面…

続きを読む

 米マイクロソフト社の共同創業者のビル・ケイツ氏(65)が、妻のメリンダ・ゲイツ氏(56)と離婚することを発表しました。2人の結婚生活は27年に及びますが、両者はツイッターで離婚理由を「夫婦としてこれから共に成長できると…

続きを読む

 ひと昔前、時の法相、秦野章が「政治家に徳目(道徳の基本とされるもの)を求めるのは、八百屋で魚を探すようなもの」と発言して非難を受けましたがそのことを思い出させる事件がまた発生しました。2019年7月の参院選広島選挙区の…

続きを読む

 タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスに感染してお亡くなりになってから1年以上が経ちました。ですが、約10億円以上にも上るといわれる志村けんさんの遺産について、遺族らによる相続手続きはいまだとられていません。予期せ…

続きを読む

 有名人の離婚協議を巡ってワイドショーが報道合戦を繰り広げています。音楽プロデューサーの小室哲哉さんと音楽ユニット「glove」のKEIKOさんとの離婚が成立し、またプロ野球楽天の則本昴大投手がまさしく〝暴投不倫〟の末に…

続きを読む

 自分の死後についての希望を気軽に記すことができる終活(エンディング)ノートはかなり市民権を得てきたようです。基本的に書式は自由で市販のものでは質問項目に回答していくだけで完成するものも人気です。  遺言書に書く内容は死…

続きを読む